How to make your post to appear right here?

If you want to list your posts here, you should go to you theme's options (Appereance => Theme Options) and put the category's id. Please note that if the category doesn't consist any posts, you'll be still seeing sample posts.

Sample photo Sample photo thumb

How to assign a picture to a featured post?

Select a post & click edit through your admin panel. Scroll down to the section named "Custom fields" then create a field named "picture" and the value should contain a path where you stored a picture. You may also create a custom field named "url" just in case you want to link your post elsewhere.

Sample photo #2 Sample photo #2 thumb

About this theme

Did you know that featured posts may contain up to 3 lines of text. This theme is built using CSS framework "Blueprint". The featured posts is based on "SmoothGallery" which is based on "MooTools" - a javascript framework.

Sample photo #2 Sample photo #2 thumb
  • 大手消費者金融とは

    Posted on 7月 19th, 2014 管理人 No comments

    大手消費者金融と呼ばれる金融業者は貸金業法の総量規制で規制が始まるまではアイフル、レイク、プロミス、アコム、武富士、三洋信販の6社が大手消費者金融と呼ばれていました。

    この6社が「消費者金融連絡会」をつくり計画的なキャッシングの為の知識や、消費者金融業界の正しい理解を訴えるCMを作り、消費者金融業界をけん引していきますが、過度の融資や、あくどい取り立てなどが社会的な問題として浮かび上がった為、消費者を守るという事から貸金業法の改正が行われ、金利の上限が設定された事や、借入限度額がきめられたことで利用者が減り、不透明だったグレーゾーン金利の返還訴訟などから一気に経営が悪化する事になり、大手消費者金融も影響を受け現在残っているのはアコム、プロミス、アイフルの3社となりました。

    現在残っている大手消費者金融は銀行は大口融資をメインに営業を続けていましたが、競合によって金利が生み出せなくなったため、小口金融に重点を置くようになり、消費者金融は銀行の持つ安心感や豊富な資金を利用できる事と、銀行は消費者金融が持っている小口金融のノウハウや、システムを利用する事でお互いのメリットを生かせる事が出来るという事でアコムは三菱東京UFJフィナンシャルグループ、プロミスは三井住友フィナンシャルグループと提携し、レイクは新生銀行にシステムやノウハウ、人員も含めて譲渡することで銀行カードローンとして存続していますが、アイフルだけが銀行との提携をする事もなく存続を続けています。

  • ローンとキャッシングのどちらを利用するか見極める

    Posted on 7月 16th, 2014 管理人 No comments

    ローンは大きな金額でお金の使い方が決まっているもの、キャッシングは少額の借り入れを基本に自分で自由にお金の使い方を決めることができるもの、と明確に分けて考えている方が多いでしょうか。

    しかし、キャッシングと呼ばれる金融商品には限度額が大きなものもあります。こういったキャッシング商品は貸金業法の改正からますます金利が低くなっていることから、これまではローンとして借り入れしていたものも準備や手間を減らして利用する方が増えてきています。審査時間が短いということもキャッシングが選ばれている理由になっています。

    銀行の中には取り扱うローン商品を減らし、いわゆるキャッシングと同じように使えるフリーローンを主体とするところも出てきています。住宅ローンなどはやはり大きな金額ですから、これまで通り住宅ローンに申し込むことになるでしょう。

    しかし、リフォームローンのように、できればすぐに借りて修繕や改築を早くしたいという場合なら、限度額によってはフリーローンを利用することで都合が良いこともあるのです。フリーローンなどでは担保や保証人を準備することもまずありませんので、より早い借り入れが実現できます。

    この借り入れ方法だからお得と限定してしまわず、自分の利用したい金額、金利に加えて審査時間なども借入先を決める時の条件にすることも場合によっては必要でしょう。本来自由に使ってより便利にお得にできるのがキャッシングのはずですから、それを最大限に活用するようにしたいものですね。

    詳しくは・・・・http://xn--o9j0bk4b5a21ckb6d.net/

  • 別名違法消費者金融、まだまだ存在する闇金業者

    Posted on 7月 10th, 2014 管理人 No comments

    闇金業者に気をつけろ、よく見かける文句です。
    違法業者を別名闇金融と呼んでいます。
    届け出を出しておらず、認可も受けず、登録番号も持たずに運営をしている業者であり、正規の消費者金融とは全く異なっています。

    未だに多くある闇金業者はご存知の通り高金利となっています。
    返済の督促も非常に強引であり追い詰めるような催促が待っています。
    本来借り入れをするべきものではないところというのは当然のことです。
    しかし、現在その闇金業者が必要悪であるとも言われているのをご存知でしょうか。
    そのことを考えることで闇金融ではない選択肢を考えることができるはずです。

    総量規制があることによって個人の借り入れ上限は年収の3分の1となっています。
    これから楽天銀行スーパーローンでキャッシングをしたいという方はその借り入れ金額に気をつけることができるきっかけとなるでしょう。
    しかし現状大きな金額を借り入れてしまっている場合、既に借り入れ金額が年収の3分の1に達している場合にはこれ以上の借り入れができなくなります。
    すると今度はどこから借り入れをすればいいのかという問題に直面するでしょう。
    消費者金融からは借り入れ金額に制限があるため新しい借り入れができません。
    銀行は審査が厳しくなりますのでそれだけの借り入れがある状況での新規申し込みは受け付けていないでしょう。
    そこで闇金融しかないという選択肢が発生するわけです。

    闇金融から借り入れをしたところで結果は好転することはありません。
    返済額を減らすために弁護士などに相談してみるのも一つの方法になるでしょう。
    客観的な視点は必要になります。

  • 即日融資が可能の人気のローンカード

    Posted on 5月 9th, 2014 管理人 No comments

    人気のローンカードは、カードを作るのに来店不要です。「インターネット」や「専用機」「電話」「郵送」でもカードが作れます。審査もお手軽で、保証人も不要となっています。今たくさんの人達から信頼されています。

    人気のあるローンカードは、「レディースローン」というものが存在しています。電話の受付や、店舗窓口のスタッフはすべて女性となっています。カードを作るということに不安があるという女性のためにできたローンです。

    人気となっているローンカードは、その日の午後2時までの申し込みであれば、即日融資が可能となっています。今すぐにお金が必要という人に、高い人気を誇っています。返済計画の提案をするサービスも充実しています。

    人気の金融会社のローンは、30日間利息が無料となるサービスを行っています。融資が300万円までで、50万円以下の融資であれば、収入証明無しでも借り入れが出来ます。サービスの良さで大好評となっています。最終的に何を選ぶか決める時は、ローンカード比較ランキングなど参考にしましょう。

  • 意外に使える借入方法は楽天銀行カードローン口コミで確認

    Posted on 4月 8th, 2014 管理人 No comments

    楽天銀行カードローンの借入方法は2種類あります。 ・提携CDもしくは提携ATMからの借り入れ ・振込による借り入れ

    提携先となるATMでは利用手数料がかかるのは普通のこと。 しかしオリックス銀行カードローン口コミを見てみると利用者の大半は手数料がかからない方法を使っての借り入れを行っていることがわかります。 注意点としては借り入れは1万円以上からとなり1,000円単位となります。

    全国でみてみるとなんと8万台以上ものATMやCDを利用することができます。 借り入れをするときには利用手数料がかかり1万円以下の借り入れでは105円、1万円超の借り入れでは210円を負担することになります。 ところがすべてのATMで、というわけではなく無料で利用することができる提携先があります。 ・ローソンATM ・E-NET ・セブン銀行 ・イオン銀行 ・三井住友銀行

    いずれも土日含めて利用することができますが深夜0時を過ぎたころから50分ほどがATM利用ができない時間となります。 この時間さえ外せばほぼ24時間対応となっておりコンビニになりますので当然365日利用することができます。

    借り方を考えれば利用手数料が無料になります。 105円、210円をケチってもと思われるかもしれませんが利息を考えても少しの節約が後々に響いてくることは間違いありません。 せっかく金利の低い楽天銀行カードローンを選んだのですから手数料のかからない方法を使っていきましょう。

  • なぜお金を借りる?借りる人が増えている?消費者金融

    Posted on 1月 27th, 2014 管理人 No comments

    消費者金融でなぜ借りるのか、借りる人が減らないのか不思議だと思ってしまいますよね。消費者金融で借りるということのイメージがとてもよい、というのではなく消費者金融が使いやすいから借りているというのが実際のところでしょう。

    お金が必要なときまでにあまり時間がないときなども、消費者金融なら「間に合った」という経験をした方は、その便利さにまた利用しようと考えることになりますね。消費者金融はお金を借りるまでの審査のスピードはとても速く、提出書類も少なくスムーズに借り入れまで進むことができるのです。

    消費者金融を利用する人が減らず、むしろ増え続けているのはその借り入れや返済の使いやすさやサービスの充実が理由としてあげられます。消費者金融としては、以前からのなんとなく続くイメージの悪さを改善することを、利用者へのサービスで行ってきたのです。

    使いやすければ利用者は減らず、むしろ増える、本当に必要なサービスを続けて行くことで、イメージも少しずつ変わってきたということがいえるでしょう。実際に利用している年代もどんどん広まっているのがみてとれます。サラ金時代のサラリーマン男性だけが利用しているのではなく、アルバイトをしている学生、20代の若い世代、上は60代の方なども利用することが増えてきているのです。消費者金融でしか借りられないから消費者金融で借りる、ということではなく、いろいろな借り入れ先を検討した結果使いやすさとスピードで消費者金融を選んだという人が多くなっているということでしょう。

  • レイクでの返済を遅れてはいませんか?受験に影響する可能性があります

    Posted on 1月 24th, 2014 管理人 No comments

    もう驚かないでしょう。
    受験に際してレイクなどの返済の遅れが影響をする可能性です。

    保証会社の保証が受けられない、そうなると当然連絡が来ます。
    学費などを口座引き落としとしている以上、引き落としができない理由としては保証会社の保証が受けられないこととなるのは当然と言えば当然です。
    さて、保証会社の保証を受けることができない、それはどのように解釈されるでしょう。

    レイクやアコムなどの消費者金融で何らかのトラブルがあったと考えられるのは普通のことです。
    一般的な流れであると言ってもいいでしょう。
    さて、保証会社の保証を受けられないことが受験にどのように影響をするでしょうか。
    はっきりと言えば直接影響することとは考えづらいのは間違いありません。
    しかし良い印象を与えるかと言えばそれはないでしょう。
    お金に関するトラブルのある家庭であると考えられることは充分にあり得ることです。

    受かったら問題ないでしょう。
    しかしもしも不合格となった場合、一生懸命頑張った子供に責任があると言えるでしょうか。
    もしかすれば親である自分の債務がなんらかの影響をしたのではないかと気に病むことになるかもしれません。

    銀行でお金を借りるキャッシングをどのように考えているでしょうか。
    もしこれらが今からの子供の将来に影響を与えることになれば悔やんでも悔やみきれないことは容易に推測が可能です。
    今、キャッシングを見直してみましょう。
    債務を整理すること、トラブルの無い債務にすることが大切になるでしょう。

  • 借金の返済が難しくなってしまったとき

    Posted on 7月 8th, 2013 管理人 No comments

    借金を返済できなくなってしまうことは、誰にでも起こるものです。突然の病気や怪我で、休職や退職せざるを得なくなってしまうこともあるでしょう。またこの時勢では、自分が勤めている会社が倒産してしまうことが絶対にないともいえなくなっています。お金を返す意志があるのに返せないという状況になってしまうのは、無人契約機などから借り入れした人にとってはとても苦しいことですが、起こりえることでしょう。

    しかしこうした返したくても返せないというのではなく、返済したくなくなったり返せないほど借りてしまったりということは、絶対に避けなければなりません。借金は必ず返済しなければならないものなのです。そして、もしも返済できないのであれば、それなりの処置をとらなければなりません。たとえば、返済額を下げることができる債務整理などもよいでしょう。さらに自己破産といった方法もあります。

    借りるのはスピード融資となっていてすぐに借り入れすることができますが、返済はそうはいきません。毎月きちんと返済していかなければならないのです。借入金額が大きければ、その期間は何年という単位になってしまいます。

    そしてその返済には必ず利息もあわせて払っているはずです。借り入れしてしまった後は、そういったことをどれほど考えても仕方ありません。ただ返済をきちんとしていくのみです。ですから、借り入れの前に必ずその借り入れは絶対しなければいけないのか、といったこともきちんと考えておく必要があるのです。

  • 収入証明は出す?出さない?

    Posted on 6月 23rd, 2013 管理人 No comments

    グレーゾーンは大きな社会問題になりました。
    解決の道の中にいくつもの法改正があるなど大掛かりなものとなりましたが現在はそれがひと段落している状況です。レディースローン夫に内緒で借りる人もいるようですが。。。

    改正されたものの中に2010年の貸金業法があります。
    この中には、収入証明を貸金業者が取得するのは以下の場合であるとされています。
    ・1社の利用限度額が50万円を超える場合
    ・複数の貸金業者からの借入総額が100万円以上の場合

    いつでも法律というのは裏からも読み取られているものです。
    もちろんこの賃金業法も裏側から読み取ることができます。
    1社の利用限度額が50万円未満であれば収入証明書は必要ないということになります。
    また、複数の賃金業者と特定されていますので、消費者金融や信販は含まれたとしても銀行のカードローンはその範囲内ではないことになります。
    銀行のカードローンは、賃金法ではなく銀行法によって規定されています。

    すべての消費者金融に対して一様に同じ規定なことはなく、借入金額が50万円未満であっても収入証明を求められることもあるでしょう。
    ホームページなどで確認するとその詳細が書かれていますので確認することが必要です。

    収入を証明しなくてもよいとしても、収入に虚偽はいけません。
    収入証明が必要ない場合でも、申告した勤務先に対して在職確認が行われます。
    このときに、勤務先の会社にたいして相応ではない収入の時には改めて収入証明を提出するように求められることもあります。

  • お金の借り方

    Posted on 5月 29th, 2013 管理人 No comments
    お金の借り方、誰かに聞くこともできませんよね。親に聞いたらどうしてお金を借りるのかと心配されそうですし、友人にもなんとなく聞きにくいですよね。実際仲のよい友人であっても、その人がお金をどこかから借りたことがあって、借り方を知っているかどうかまで分からないということのほうが多いのではないでしょうか。私は銀行借入にしようかと今考えています。それほどお金を借りるというのは、あまりおおっぴらに公表するものではありませんから、いざ自分がお金を借りるという段階になると何をどうすればいいのか見当もつかない、ということもあるのではないでしょうか。幸いにして現在はインターネットの普及により、いろいろなお金の借り方のマニュアルのようなものがでています。銀行で借りる場合、銀行のカードローンならこの方法、消費者金融での借り方、自動契約機の使い方まで自分が求める情報はすぐに見つけることが簡単です。写真付きで開設されているものなどもあり、まさに懇切丁寧で借り入れ前の不安を解消することもできるでしょう。

    しかし注意しておかなければならないのは、借り方はそのように見つけやすくても、返し方は自分できちんと考えなければならないということです。借り入れ金額は同じでも、人によって収入も違えば家族構成も違います。自分の収入やライフスタイルにあわせた借り入れをし、返済していく方法は自分で決めていくしかありません。

    はじめて返済するときには、毎月どれぐらいの金額であればきちんと遅れることなく返済していけるのか、といったことを予想するのは意外と難しいものです。返済が始まってから、難しいと分かっても完済するまではそのまま払い続けなければならないのですから、しっかり返し方を考えておくことが重要なのです。

  • 過払い金請求は専門家に相談

    Posted on 5月 21st, 2013 管理人 No comments
    過払い金や多重債務に関するCMをよく目にするようになりました。
    今ではその債務整理専門弁護士事務所まであるような時代です。

    しかし、借金をしていながら過払い金の請求をまだ行っていないということはないでしょうか。
    そもそも過払い金がいくらあるのか、返金がしっかりと行われるのかも心配かと思いますし、手続きの方法もわからない、それは当然のことです。

    自分で過払い金請求は行うことができます。
    ところが、利息まで返金されるかどうか、和解金に応じるのかどうか、そのようなこともありますので、やはり専門家に相談することが一番得策となるでしょう。
    自分で過払い金請求を行えば費用を抑えることができるということでインターネット上でも多くの情報が錯そうしています。
    確かに弁護士費用を抑えることはできますが、返金される金額に大きな差が出てきますので実質手元に残るお金が多いのは専門家に相談した方が多くなるでしょう。

    消費者金融にはさまざまなところがありますが、アコムなど大手消費者金融は比較的対応が迅速であり、それほどの期間を待たずして解決していけます。
    情報開示まで1か月はかかりませんので、裁判する前に和解でアコムが提示してくる金額に応じるのであれば短期間となるでしょう。
    この時に提示してくる金額は、過払い金の8割となります。
    全額と利息を取り戻したいというときにはやはり裁判することになります。
    信頼できる専門家に依頼して取り戻してもらうほうがよいでしょう。

    ローンまとめることを検討している方も調べてみてはいかがでしょうか?

  • 人を頼ったFXは90%以上成功しない

    Posted on 2月 23rd, 2013 管理人 No comments

    FXをやっていると、大抵初心者が行き着くのが人の取引を真似する事です。
    というのは、実際のトレーダーが取引する際にメールなどで取引内容を会員に配信する有料制の
    サービスです。それをリアルタイムで即時に配信されるので、会員は自己責任で真似て取引を
    リアルタイムでします。

    実際に私も最初はこのように人を頼りにして真似ているだけの者でした。これから話す事は
    念の為100%そうでない事を認識して聞いて下さい。実際に数者の取引を真似ましたが、
    資金が底を着き始めました。どんなにプロで何勝していると宣伝していたとしても、
    実際にやってみると、私の経験上殆ど資金を失う結果になります。

    ちょっと考えて見て下さい。もし本当に真似るだけでちゃんと儲かるぐらいの勝者なら、
    配信側のトレーダーは、わざわざ有料にして会員を募るでしょうか?そんな事をしなくても
    自分だけでも取引をしていればお金は入ってくるはずです。なので有料にしてまで会員を募る
    必要性も無いと思いませんか?

    確実に儲かるなら、そんな事をしている暇があれば、自分の取引に集中して自分優先にします。
    その方が会員を募るよりよっぽど儲かります。宣伝には何連勝している実績があるとか書いてありますが、
    私が実際に取引を観察してみたら、4対6で4勝で6敗しているような状況でした。

    言い訳にはこういう事もあるとの事、もっともですね。何者も会員になりましたが、中には負けが続いて
    自ら辞めた配信トレーダーも居ます。全てではありませんが、こう言った人を頼れば成功するという
    甘い文句には気を付けて、自己判断、自己責任で行って、資金を失う可能性もある覚悟で挑んで下さい。

    お金をしっかり貯める人は、マイルカードをうまく使っている気がします。

  • クレジットカードは量より質が大切

    Posted on 2月 22nd, 2013 管理人 No comments

    よく便利だからといってクレジットを複数枚作っている人がいますが、それはあまり良いとは

    言えません。カードを複数枚持つと、その情報は個人情報の機関に登録されてしまいます。

    例えばこの人は何枚のカードを持っていて、いくらの枠があるか、いくら借りて残高があるかなどもです。

    どれか一枚でも遅延してしまい、再返済等に間に合わなければ、他のすべてのカードもストップしてしまう可能性があります。

    枚数を持つならば、逆にそれを1点に絞って、活用した方が良いでしょう。

    そうです、質より量ではなくて、量より質を重視した方が良いです。確かにカードによって、

    付いている特典などが違う場合があるので、あっちも、これもとなるのは分からなくはありません。

    しかし、なるべくなら質の良いサービス、特典が多いものをひとつ選んで使ったほうが有利です。

    複数枚持てば、それだけ返済方法も違うでしょうし、仮に同じでも返済日自体が違う可能性もあるのです。

    そうなると管理も大変だと思います。意外にも、探してみると似たようなサービスのカードは沢山あります。

    なのにわざわざ違うカードを選んで使う必要もありませんよね?それでしたらもっと時間をかけてジックリと、

    品定めして、良い特典サービスを選ぶ、これが一番です。

    更にあくまでも用があるのはカード自体です。いくら特典が違っていても、特典は特典です、カードではありません。

    それならば、是非良質の一枚を自分のものにして、利用したほうが遥かに効率的です。

     

  • カード犯罪には慎重に!気を付けよう

    Posted on 12月 23rd, 2012 管理人 No comments

    今のネット時代の象徴でしょうか、ネット犯罪がかなり多く起きています。私は普段ネットで仕事をしていましたが、あまりにもトラブルが多いので辞めた事があります。

    まぁでも今の時代だから仕方がないといえばそうなんですが、それでも犯罪はネットじょうで確実に
    何処かで起きています。

    これ実際にあった話ですが、私が使っているカードは銀行系列です。よくネットの通販とかで利用してショッピングしているのですが、とある日買物しようとお気に入りからそのサイトにアクセスしたら、いつもと違う認証画面が出てきたんです。

    けれども何処かで見たような感じで、特にその時は何も思わないで、IDとパスワードで、認証したらまた違う画面が出て、「カード詐欺が流行っている為、セキュリティ上カードの情報を再度登録下さい」と。

    ん、何かがおかしい、と思いました。なぜセキュリティで再度登録するんだと思いました。

    カードの登録には、普通のログインするIDとパスワード以外に、更にセキュリティパスワードを入れないとカード情報には入れません。

    なのでよほどじゃなければ、そんな事はさせないのにと思って躊躇しました。それが良かったのでしょう、改めて冷静になれたので、もしかして情報を拭き取るフィッシング詐欺か?とすぐ思い、サイトに連絡。

    完全にそんな認証画面は出していないから、すぐにアクセスを止めますとの事。

    幸いにも普通のログインだけのIDとパスワードだったので、カードまではたどり着けなかったようで、無事でしたが、自分の個人情報のページには、おそらくアクセスされているので、パスワードをすぐに変えました。

    皆さん、認証画面には注意下さい。出来れば普段正規のログインページのアドレスをメモしておいて、本物かどうかわかるようにしましょう。

    最近このようなサイトに”成り済まし”てカード情報を抜き取るフィッシング詐欺が頻発しています。

    400万借りる

  • 仕事で有利?カード発行の条件

    Posted on 12月 20th, 2012 管理人 No comments

    クレジットカード等を作る際に条件として、安定した収入が働いていて入ることが必要となります。そして、そのカードの限度額などを決める基準は信用であり、つまり信用=仕事となります。

    また別の信用面では、他の金融会社からいくら借りているかなどがありますが、特に問題なければ、作った枚数が増えすぎると審査が厳しくなります。それだけ複数枚持つと、返済出来なくなる可能性があるからです。

    まずは信用の第一歩としてカード発行の際には、仕事が一番重視されます。他のカードで返済を遅延している場合は例外です。その場合は信用は最初からないので仕事ウンヌンではありません。そうでなければ仕事が一番です。

    そしてカード発行時には、まず年間の収入面が問われます。この収入面が重要な訳は、アコムの限度額に関わるからです。

    通常担保なしのカードを作る際には、仕事の年収が基準となり、限度額が決まります。

    限度額は金融会社が個人に借り入れ等出来る総量規制により、年収の3/1以上の貸出は基本的に出来ません。

    過剰な借り入れで返済が出来なくなるのを防ぐのに、バランスをとって総量規制でそういった限度額に絞り込まれます。なので、仕事の年収が限度額を決めると言っても過言ではないのです。つまり年収が多ければ、それだけ限度額も上がり、便利に使える機会が増えます。

    年収を計算させるには、カード作成時に基本的に3ヶ月以上の給与明細とか、昨年度の確定申告などが有効なので、必ず持っていくようにしましょう。このように仕事の収入によって大きく限度額が変わるので有効に使いましょう。